FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上達のプロセスこそ秘訣 その26・・・1000本ノック講①

2009/04/18 Sat

このシリーズも26回目となりました。
思えば遠くへ来たもんだ・・・

このシリーズの目的は、どうやったら相場で利益を出せるようになるのか、という最もニーズがあるテーマに、私の経験をベースにして、その経験から何かを学び取っていただければと思い始めたものです。

今があるのは、過去の通ってきた道があるからであって、今の結果だけを捉えて、昨日幾ら儲かりました、こうすればいい、ああすればいい、と書くのは簡単なのですが、それでは、これからどうやって道を進んでいけばいいのか、という方には、見えないことだらけなんだろう、と思うのです。


実は、今、隊員の方は色々と忙しそうなんですが、その地下作戦室でのやり取りの中で私が大いにひっかかったことがあるのです。
実は、ナンピンについての議論が華やかなのですが、私にはあまりこれに関して参戦ができず(すみません、その理由も後で書きます)、それよりも、憂慮すべき大問題が隊員の中にはびこっているのを発見したのです。
隊員なのですから、ネタに使われるのは覚悟してくださいね。


某隊員は、ナンピンの正当性を主張するのに際して、次のようにコメントしていました。
「自分では出来ないので、リズム取りをしていた当時の理想の自分に聞きました。」

このコメントに、私とおくあんさんは大ウケしました。何故大ウケしたのか、後で説明します。


別の隊員からはこのような悩みが寄せられていました。
「頭では逆張りナンピンと決別しているのですが、いざ実践に向かうとまだまだしっかりナンピン目線になっている。」

このコメントも、よくわかります。これも後で説明します。


そして別の隊員からはこのようなコメントが出ています。
「竹槍さえまともに手にしたこともない。」

初陣をためらっているのです。よくわかります。


実は、多くの投資家が上達を望んでいるのですが、その方法論には、次のような考えが一般的だと思います。

まず最初は、本を読んだり、先人の話を聞いて、勉強して相場の知識を蓄えてから、負けないような方法を身につけてから、実践を始めよう。
それまでは、自分の資金を危ないリスクにさらすことなんでできないからな。

資金はまだ少ないし、元手がなくなったら大変だ、慎重に勉強から始めよう。

これまでやったことが間違いだとわかったので、別の方法を勉強して、始めないとだめた。

ほとんどの隊員の方も、以上の考え方に基づいて、相場の上達を図ろうとされておられます。それが、最近のやりとりで私にはわかりました。


まずは、勉強して頭で理解しないとだめだ、という学習方法は、学校形式ですから、皆がこの方法で子供のころからやってきたわけですし、全員がこの学習パターンを王道だと理解しているのです。

ですが、どうでしょうか。

英語が話せない日本人。大学まで出ている。中学から高校、そして大学と10年間英語の勉強をやっていて、全く話せないのです。
まずは、頭で知識を詰め込むこと・・・この学習方法が果たして全能でしょうか。

アメリカの子供が映っていました。
「おっ、おい、あの子供、英語しゃべってるぞ。子供の癖にすっ、凄い!!」
という笑い話。

多分、文法とか、構文とかの知識は多くの日本人の方が優秀でしょう。しかし、飛行機の中で、「Beef or Chicken ?」と問われて、「なっ、何ですか?」とびびりながら聞き返す惨めな日本男児を何度目撃したことか。

10年間勉強して片言も話せない日本人ですが、1ヶ月間アメリカで暮らすだけで、日常会話ぐらい話せるようになるものです。10年より1ヶ月の実践が優るのです。

トレードで利益を出すことを夢見て勉強とは・・・中学生がエロ本読んで夢想するのと、果たして違いがあるのだろうか、と私は思います。

これは、全て私の相場師職人論に基づいています。もし、この職人論に賛同してもらっていながらも、勉強だけしているのなら、エロ本中学生と同じです。

知識をいくら詰め込んだところで、技術は決して上手くはなりません。


「事上錬磨と知行合一」(古典に学ぶシリーズ合同企画)

実践から学ぶべし、行えないことは知らないことと同じ

との教えです。

これは、萩の松下村塾を主催した吉田松陰の根底思想にあたる陽明学の真髄です。
門下生には、高杉晋作、伊藤博文、山県有朋ら逸材をわずか僅か2年余の指導で輩出しました。ここでの教えが、明治を作ったのです。



実は、過去、私は、AB型のせいもあって、誰よりも理屈重視、頭で理解しないと動かない、頭でっかちタイプ種目別選手権のオリンピック代表選手でした。

20代のころです。頭より体が先に動く周りをみて、バカにさえしていました。
「理屈をきちんと理解しないで、無鉄砲に動いてばっかじゃねぇの。」

そして、やりもせずに、頭で考えて「そんなのはしょうもない、意味がない。」との決め付けをいつもやっていました。

そうです。山本さん、エロ本中学生とは・・・私のことだったんですよ。
もちろん、実際にエロ本中学生もやってました。自販機に夜こっそり買いに・・・(笑)

トレードも実践よりは、理屈重視、もちろんですよ。山本さん。エロ本中学生ですから!!


前振りが長くなりました。

いつものことじゃねえかよぉ、早く次を書け!!

という厳しいお叱りを受けつつ、今回の「エロ本中学生の誕生編」を終了し、ついに次回、「エロ本中学生からの脱出編」です。乞う!ご期待あれ!!(今回はトラップなしの真っ向勝負です!!)

関連記事

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。