スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟(本気度)を持つということ その第二巻

2009/05/23 Sat

ある方が個人的な日記を綴ることを始められました。

そこには、私の1000本ノック理論である次のような実践記録が詳細に記述されていまいした。

①予習(環境認識、戦略立案)

②実践(1000本ノック)

③復習(考察、反省、明日への教訓)

家族を持って仕事をしている身で、これだけのことを日々綴ることの労力がどれだけ大変なものか、皆さんおわかりになるでしょうか。

寝る暇を惜しんで、というより寝ずに作業をしていたに違いありません。

私は注意しました。「寝る暇ぐらい持てよ。家族もいるんだろ。」と。

実は、昔相場を教えていた方がいるのですが、その方も、何度も何度も睡眠不足でぶっ倒れていんたんです。
それでも、泣きながら、ベッドの中で、相場の本を読んでいました。そしてまた倒れる。しかし、それをやめようとはしませんでした。

仕事をしながら、プロを目指してトレードの実践と勉強を続けること。
それがどれだけ大変なことなのか。おわかりでしょうか。


一度でもプライベートな形でもいいからやってみられるとわかると思います。自分だけのメモではなく、人に伝えられるような形で綴る詳細な①~③の記録です。
どれほど面倒なことなのか。

私は、この日記を読んで、この方の本気度を感じました。石にかじりついても、この険しい山を登頂してやる、という気迫です。

その気迫とオーラを私は感じずにはおれませんでした。

私は、このオーラに引きよせらるようにコメントを入れました。そして、それをまた素直に受け取って実践する。
この繰り返しが始まりました。


夢や憧れを持つ、ということは大切なことだと思います。志がなければ、何事も成就しません。
しかし、もしその夢を本気で叶えようと思うのであれば、人並みでは、だめなんです。

これは、相場師は凄いんだ、と言っているのではありません。他の職業でも大なり小なり同じでしょう。

リーマンの目標が、役員になること、だとすると、社員数千人、数万人のトップに上りつめるということは、並大抵の努力ではないと思います。また、ここには強運という武器も必要です。

他のどんな職業でもそうです。一流の外科医、一流の料理人、一流の旋盤職人。プロゴルファー、プロサッカー選手など。

ここで、「一流の」と書きましたが、他の職業と相場師の違うところはこの一流という定義の部分でしょう。

普通の料理人でも飯は食っていけます。また、普通の職人さんでもそれなりにやっていればそれで家族を養っていくことは可能でしょう。

しかし、相場師は違います。一流でないとだめなんです。それ以下は、全て食っていけるレベルにはなりません。残念なことですが、それが事実です。
二流以下は、三流、四流も初心者も全て同じです。

同じような性格がある職業には、プロスポーツ選手、NOBUKIさんのようなプロギャンブラー、などがあります。どれもこれも「一流」以外は、それで食うことができません。


やっと損はしなくなった、というレベルは、どんぐりの背比べを初心者としているレベルで、これからの駆け出しです。長い道のりが始まるのは、ここからです。五流の段階です。


私のターゲットとしている読者とはどういう人たちなのか、考えてみました。
こういうことを書いているということからして、「将来はいずれ相場で食っていきたい」、そういう夢を持っている人たちなんだろう、そう思います。

もちろん、仕事の片手間でいいから、それなりに儲けたい、という読者が大半だと思います。
厳しさばかりを問うと、「うざっ!!」とか思われているんだろうな、とも感じますが、ここは、またやってる、ぐらいでスルーしてください(笑)


私が許せないのは、そういう覚悟を持って、プロになろうとして、必死で努力している人の足を引っ張ろうとする行為です。

冗談じゃねぇぞ!!

それだけの覚悟もないのに、頑張っている人の邪魔をしないでください。僻むのは勝手ですが、勉強の邪魔なので、外に出ていってください。アホがうつります(おくあんさん、パクりました)
犬のおしっこみたいなコメントもいらないです。

初心者ほど脆いものです。大切にしてあげないと、簡単に崩れます。
そういう初心の気持ちをわかってあげて欲しいんです。
初エッチのようで、不安でいっぱいなんです。周りから何ていわれるんだろう。
こんなしょぼい記録をだして、公衆の面前でちん○○を出しているような恐怖感と不安感でいっぱいなんです。それでも、けなげに頑張っているんです。

けなすのであれば、どうかおくあんさんや私をけなしてください。少々では、こけませんから・・・


念のため申し上げると、実は、僻むという感情は、頑張っている人、闘争心がある人が持って当たり前の感情です。

僻むことは、それだけで終われば悪しきことですが、自分がそういう感情を持ったことを理解し、その感情を乗り越えて、自分の励みとし、努力する燃料として使いこなせれば、飛躍のための大いなる推進力となるのです!!

今の自分に安住していては、僻むこともありませんが、それでは飛躍することは決してできません。
そういう意味で、感情が揺れ動くような事態に遭遇できたことは、実は大いなるチャンスを得たことと同義なのです。

このことを理解せずに単に努力している人の足を引っ張る行為に終始するのは、情けない限りだと私は思います。

敵は・・・何百億円もの装備をまとった巨大投資銀行や機関投資家、そして知恵と英知を絞りに絞ったヘッジファンドなんだよ!!

仲間内で足の引っ張り合いなんかしてる余裕あらへんのや!!



私は、覚悟を問うています。

覚悟のオーラが出ている人のところには、私もオーラに同調しますから、真剣に応援をしたいです。

しかし、そうでない方には、それなりに接するより他しようがありません。

私はこの道は本当に厳しいものだと思っています。自分がその厳しい道を辿ったからです。

この道が厳しいと覚悟しているのなら、ちょっと損が続いたぐらいで、相場が見えなくなったぐらいで、挫折することなどないでしょう。
何故なら、そんなことは「あたりまえだのクラッカー」だからです。

覚悟を持っている人は、「知って」いるんです・・・損して当たり前、うまく行かなくて当然だと。
何ら悲観することも、不安になることもありません。当たり前なんですから。

一冊2000円の本を読んだらプロになれる、そう思っている方がどうかしてる、と私は思います。

しかし、厳しくなんかない、楽勝だ、そう思う人もいて当然です。そういう人は、その道を歩めばいいです。

私は、相場の山を登るときに、登山靴、ヤッケなど重装備をお勧めしています。
しかし、運動靴、お弁当、おやつ500円以内(バナナはおやつではありません)程度の行楽気分で望む人もいることでしょう。お気楽な金儲けの道具として・・・

それぞれ道があるのですから、それぞれの道を歩むのみです。

私は、人を改心させようとか、私の考え方を押し付けようとか、そういうおこがましいことはできませんし、する気もありません。

ただ、「私はこう思う」と私の国(ブログ)で叫ぶのみです。
(人の国では、人の国のルールがありますから、そのルールに従いおとなしくしていますが・・)



おくあんさんの書かれていること、NOBUKIさんの書いておられること・・・何か他とは違うオーラを感じませんか。

凄い覚悟、本気度(NOBUKIさんパクりました。失礼)を感じませんか。
(実は、私は覚悟よりも本気度に引越ししようかと思っています。こちらの方が、私の感覚とマッチするからです。NOBUKIさんパクッてもいいですか?)

腹がすわっている、そう思いませんか。(harutomoさんパクりました。失礼)

何故ここまで必死で考えているんだろう。

どうして、これだけ深く深く理解しているんだろう。

何故、これだけの知恵を持っているんだろう。


何故じゃないです。

ここまで必死で考えているからこそ、これだけ深く深く専門知識があるからこそ、常人にはないような知恵があるからこそ・・・プロとしてやっていけるんです。

本末転倒です。


必死で考えない、専門知識もない、知恵もない、それでプロ、なんているはずないじゃないですか。

どんな仕事でも同じです。相場だけは楽して儲けるための手段だ、とは私は思いません。

(使用上の注意:それなりに生活費の足しになるかなぁー、という人は、それなりに割り引いてこの記事を読んでください。ただし、マーケットには、階級制やハンディ、なるものは、残念ながら存在しません。ハムスターやうさぎを狙って、狼やライオンがうようよしていることをお忘れ召されぬように・・・)

(NOBUKIさん、私は、相場書籍1000冊以上に囲まれています。嫁からは、床がぬけるぅーー、と文句言われています(笑))

誰ママ相場師さんからご紹介いただきました過去記事で、こちらに同じようなことが書いています。
私の好きな記事です。併せてお読みいただければと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/guamtrain/48193766.html

バンビーノは、ヘマをして殴られたときに、殴った相手を責めずに、情けない自分を責めました。
これが私の大好きなシーンでした。自分がだめなやつだ、と認めるのは、本当に辛い。どうしても、周りを責めたくなる。でも、そのときこそ、未熟な自分を見つめなおす瞬間だと思うのです。この瞬間こそ、覚悟ということに気がついた瞬間でしょう。
やっと入り口に立ったその瞬間の描写が見事だと思います。受け入れ姿勢ができたその瞬間です。
http://www.youtube.com/watch?v=0-Fu5f5vVLM&feature=related
(ありました。続きはTSUTAYAでどうぞ)

関連記事

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。