FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇の道

2009/06/27 Sat

トレードの勉強を始めて、どのぐらいで儲かるようになるのだろうか。

正しい道を歩んだとして、どのぐらいの経験を積めば、一人前となれるのだろうか。

こういうことを考えてみたことは、漠然とはあっても、具体的にはないのではないかと思います。

何故なら、自分だけは特別だから、トレードを始めてすぐに、「自分だけは」儲かるようになる、そうみんなが(私ももちろんそうでしたが)思っているからです(笑)

色んなブログを見ても、儲かった儲かった、ということしか書いていないので、「トレードってそんなに簡単に儲かるんだ」と思っても、無理ありませんね。
(それが本当なら、世の中、相場のプロだらけです(笑))


私自身の経験からは、10年単位の時間をかけていますが、それは、はっきりと「蛇の道を回り道」をしているからであって、そこまで時間がかかる、というものではないということはいえるでしょう。

私自身は、「蛇の道の帝王」として君臨できるほどの回り道を経験しています。
ですから、どんな回り道でも、蛇の道は蛇、として、こうやってブログを書けるほどに、

いらんこと

それをやっては決して儲からないこと

利益が出て、奢った結果自爆すること

を非常によく知っています。


そしてコメントがあると、「ああ、この人はこの蛇の道を今歩んでおられるのだなあ」と感慨深く見えることも多いのです。


しかし、蛇の道を歩んでおられる方に、「今、蛇の道ですよ」と声をかけたとしても、ほとんどの人は振り返ってはくれません。

何故なら、自分の道が正しい、そう信じ込んでおられるからです。

逆に反撃されたり、自分にケチをつけている、と恨まれたり、散々です。

たまには、先人の言にも耳を傾けましょう(笑)

私は、あるとき、こういう「間違ってますよ」と声をかけることは空しいことだ、と悟りました。
恨みを買うだけでは、空しいだけです。

一度は、蛇の道を経験しないと、高速道路には乗れないのだ、と逆に確信するに至ったのです。

こういう経験を経て、蛇の道については、注意するのではなく、私の経験として書くほうが意味のあることだ、そう思ってこれまでブログで書いてきました。

まずは、大前提として「蛇の道」に入らないこと。

といっても何が蛇の道で、何が王道なのだろうか・・・

蛇の道に入ってしまっては、何年もの月日を行ったり来たりの繰り返しで過ごさねばなりません。
正しいと思ってやっていることが、実は、それを突き詰めたとしても、所詮は答えの無い世界であった、ということなんです。

昔、ヨーロッパではやった「錬金術」のようなものでしょう。
所詮は、鉄をどう加工しようとも「金」にはならないのです。


いちど、ご自分がやっておられるトレードの基本感、考え方を再検討される機会を設けられてもいいでしょう。

自分は、もしかしたら蛇の道に入っているのではないだろうか。

自分は、もしかしたら錬金術をやろうとしているのではないだろうか。

自分を疑ってかかる、ということは、難しい作業ですが、誰も注意してくれないこの世界(注意されても受け入れないし・・・)ですから、自分だけが最終的には頼りです。

私を含めて、どこかのオーソリティが言ってた、とか、本を読んだから、ということを頭から信じ込んで、それを絶対視してはいけません。

蛇の道は、非常に質が悪いことに、一見非常に魅力的に写るのです。

特に初心者にとっては、誘蛾灯のごとく次々にその巣窟へ導く怪しい光のようです。

えびちゃんの笑顔のようです(笑)

蛇の道に入っておられる大勢のみなさん、できるだけ早く出ることが、まずは上達の第一歩です(笑)



さて、蛇の道や錬金術ではない王道を歩まれているという非常に困難な?前提に立って、真剣に努力してどのぐらいの時間がかかるのか、という次のハードルです。

実は、王道にも大きな問題点があります。

まず、初心者には、非常に陳腐なものに見えてしまうのです。

目新しさもない

誰でも知っている

泥臭い


オマケに、さらに質の悪いことがあります。

やってもすぐには儲からない


だからしばらくやっているうちにやる気をなくす。
他にえびちゃんスマイルのように、魅力的な手法を探して、旅に出る、をついついやってしまいます。
古女房よりも、やっぱえびちゃんだよね、です。


最初に書いたように、自分だけはすぐに相場で利益が出る、と誰しもが勝手に思っているのですから、蛇の道に入ってしまって、王道にはなかなか入れないのは、もう、仕方がないのかもしれない、そう私は確信に至る出来事が相次いで私の周りに起こっています。


逆に王道を歩んでいても、ちょっとした最初の利益によって、速攻で蛇の道に引き込まれるのです。

蛇の道トラップ、恐るべし!!

初心者が最初から儲かることほど危険極まりないことはありません。
ブレーキの踏み方をマスターしないで、アクセル全開だけを知ることの如しです。


こう考えていると、トレードって何なんだろう、人がトレードで上達するプロセスって、本当にどういう道がいいのだろうか、そう悩むこのごろです。


王道を歩んでの時間の話に戻ります。

私自身の、そして回りの人たちを見ての感触です。

デイトレードに関しては、毎日欠かさずに2~4時間トレードをやり続けたとして、やっと相場が見えてくるのに早い人で半年ぐらいはかかっています。
当然休み休み、時間が短いとなれば、その分だけ時間は遅れます。
ほとんどの人は、その「見える」という段階の前に挫折するようです。
それは、先ほど書いたように

①安易な蛇の道へ戻る

②才能がないと諦める

③いきなり儲かって、実力と勘違いしてしばらくして自爆する

のどれかで、ここをまともに突破できる人はかなり数少ない感じがします。

どのパターンにしても、初心者のうちに「儲かったかどうか」などほとんど偶然なのに、そこばかりを意識して、「拝金主義」に陥って自爆する、ことになります。

特にお一人でやっておられると、利益の出ないこんなことを続けていて、本当に先があるのだろうか、そう不安になってくる、そして諦める、蛇の道を探す、という道を辿ります。

下手に利益が出ると、奢る、蛇の道へ戻る

となります。


さて、スイングトレードにおいてはどうでしょう。
私の周りを見ても、一通り蛇の道を経験した人ばかりしかいません。
王道をまっすぐに歩まれたとしても早くて3年ぐらいかかるのでしょうか。
時間的には、スライムを切りまくっているデイトレがやはり有利です。
経験値として、着実に蓄積されていくので・・・


ついでに(笑)システム。

ここは、安易に考えている人が一番多い分野でしょう(笑)

種さえわかれば簡単に・・・と。

正直、真剣に勉強されて、やはりスイングと同じぐらいかかるのではないでしょうか。

それでも、そこで答えが見つかった人は、「幸運」だと思います。
一番茨の道は、実は、システムではないか、そう思うこともあります。

システムについては、これまであまり触れていませんが、一言だけ蛇の道を書いておきましょう。

最も注意すべき蛇の道は、再現性の無いシステムを作ってしまうこと、です。
(もちろん私は経験者です。)

過去をチェックすると過去に儲かったシステムなど簡単に見つかります。
(最適化すれば赤子の手をひねるが如く、湯水のように儲かるシステムができます(笑))

それが相場の本質に根ざしたエッジなのか、何故それが機能しているのか、ここをしっかりと抑えておくことです。
余談でした。


デイトレにしても、スイングにしても、努力すれば「腕」「職人技」は着実にあがります。

特にデイトレという分野は、「腕」にかかる比重が多いので、へばりついていると、それだけで「何か」が必ず見えてきます。
(繰り返しますが、そこまで我慢できる人がいないのが、ポイントです)
(半年間負け続けて、そこで諦めない人などどれだけいるというのでしょうか)

しかし、システムにはその腕で取れるという要素が無い。ありきたりでない、厳密なエッジの理解を要する最難関な分野だ、と私は理解しています。

それそれ個人個人の属性がありますから、得意分野を攻めればいいのですが、それぞれ長短があって、人に何を勧めればいいのか、も含めて、難しいものだなあ、そう思うこの頃です。

関連記事

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。