FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明鏡止水の境地はあるのか

2009/08/01 Sat

「トレードとはそもそも不確定なもの。」


しかしながら、人は、それをどうしても確定的に判断したい、絶対を求めたい、となる。

しかし、所詮は相場などそうはならない。

これに同意してもらえるかどうか。一見すると当たり前のこと、しかし、これを受け入れている人は意外と少ない。

だから、人は迷う。考える。次はどうなんだろう、と。次こそ当たりだろうか、それとも外れだろうか。

絶対を求める人の本能としての心と、不確定な相場とのギャップを何らかの考え方をもって埋めなくては、常に実践に当たっては迷いが生じる。

すなわち、恐れ、躊躇、疑念・・・その結果待っているのは、判断が鈍り、一歩出遅れてしまう、エントリーできない、ということ。

それは、すなわちチャンスを逃すこととなる。

損切りに当たっては、もしかして、と考えて切れなくなる。結果、泥沼へ一直線となる。

考えれば考えるほど、悪手を打つようになる。



これは、ある程度相場の恐ろしさを知った人たちが陥る罠。

最初のころは、まだ取れたのに、どうしてやることとなすこと失敗ばかりが続くのか。

勉強しているので、相場の知識はどんどん増えているはず。普通なら、増えた知識によって、利益が出る、となるはずなのだ。

しかし、そうはならない。

初心者が無邪気に売買するほうが、よほどましな結果となる。

何故だろう。

悩み苦しむ時期は、初心者を卒業し、次に一連の勉強を積んだ人たちが辿り着く「迷いのフェーズ」だ。

本人は、考えて考えて考え抜いて売買している、それがいいと思っているから、出ない結果に焦る。

何故なんだ、どうして俺を見放したように、相場は逆ばかりに行くのか。

高度な知識を勉強している、本もたくさん読んだ、色んな戦略を勉強している、何も知らなかった初心者のころでさえあれだけ勝てたのだから、これだけ勉強すればもっと勝てるようになるはずだ、となる。

しかし・・・

結果は、伴わない。


躊躇して出なかったら利益方向に走る。

思い切ってエントリーしたら、そこが髭の先となって、反転。

どうして俺を陥れるようにばかり相場は逆を行くのか。

神よ、こんどだけは俺を利益にさせてくれ。

となる。


この「迷いのフェーズ」で、大勢の志願者は、脱落していくことになる。


そして、それでも絶対を求める人は、絶対に勝てる戦略を求める旅に出ることになる。

錬金術探しの旅。

しかし、これとて、空しい旅。

そもそも知識をいくら蓄えたとて何になる。空しいだけだ。

いくら畳水練をしたとて、そこに答えなどどこにも無い。

イチローにバットの振り方を教えてもらったからといって、それでイチローのように打てるようになる、とでもいうのであろうか。


では、現実にプロはどう考えているのか。
いくら勉強してもだめなのだったら、どうしたらいいというのか。

トレードにおける理想の心とは、どういう心なのか。


明鏡止水(荘子)

(一点の曇りもない鏡、そして静止している水のような境地)


素晴らしい。理想の境地だと思う。

目指すべき心構えとは、これだろう。

実際のエントリーに当たっては、迷いや躊躇は致命傷になる。

それを知っているから、プロは迷わないように腐心する。如何に迷わない心を作るのか、そのことについて、考えまくる。



しかし、疑問がわいてこないだろうか。

それぞれのトレードは所詮不安定なものではないのか。

それをどちらに行くのか知らなくては、いくら心を鍛えたとて、自信を持ってトレードなどできないではないか。

失敗するかもしれない不安をぬぐうことなどできないではないか。

迷って当然ではないのか。躊躇して当たり前ではないのか。

次は勝てるかどうか、わかるからこそプロは自信を持ってトレードしているのではないのか。

つまりは、人の知らないような勝てる手法やノウハウを知っているからこそ、プロはプロなんだ。

それを知ることこそが、解決への道だ。だからこそ明鏡止水の境地に辿り着けるのだ。

結果、錬金術探しの旅、となる。


普通は、そう考えるものだと思う。

かつての私はそうだった。


ずっと、何年も何年も旅から旅を続けていた。しかし、空しい旅だった。


実は、そう考えるに至るには、ある前提が存在する。

それは・・・次に勝てるのかどうかわかれば、不安にはならない、という前提だ。

無意識にしろ、そう思っているからこそ、常にトレードにあたって不安がつきまとうこととなる。

この大前提を持ち続ける限り、必ず勝てる方法が見つかるまでは、人は、一回一回のトレードにあたって考え続けることとなる。

しかしだ・・・最初に書いたように「トレードとはそもそも不確定なもの。」だ。


つまりは、「確定を求める心」と「不確定なトレード」・・・相反するようなこの2つの命題のどちらかを取り除かなくては、迷わずにトレードなどできるはずがないではないか。明鏡止水の境地など無理な話だ。

どちらも正しければ、めちゃくちゃ矛盾した状況に困惑し、苦しむことになる。大勢がトレードにあたって苦しんでいるのは、この矛盾を解決できないから、なのだ。

結果、不確定なトレードを確定させたくて四苦八苦することになる。

確定を求める心をどうにかすることなど、どう考えても不可能。


さて、もう一方の考え方は、この2つの矛盾した命題をなんらかの形で融合させることはできないだろうか、という考え方。そうでもしなければ、「明鏡止水の心」など持てるはずもない。

果たして、その答えはあるのだろうか。


実は、この答えはある。それもはっきりしている。


この答えがわからない限り、人は、常に目の前のトレードで悩み続けることとなる。心のなかの矛盾を持ったままだと、永遠に迷う。

前提となる考え方を変えなければ、答えなど見つかりはしない。

思い込みを捨てねばならない。

いくら心を鍛えたとて、矛盾を抱えたままでは、明鏡止水の心など、遠い遠いものとなる。

ドツボに嵌った時には、180度発想の大転換が必要となる、のは、こういう時だ。

なかなか、前提を覆す、ということをヒントなしには、できないのが人というもの。思い込みの恐ろしさを知らねばならない。



さて、ここまで読んで、このブログを過去から読んでおられる方は、もうおわかりだと思う。

この記事は、単にアプローチを変えただけのもの、過去から書いている記事の入り口が違うだけのものだ。

答えは繰り返し過去記事で書いているので、ここでは省略したい。

また、過去からこちらのブログを読んでいて、今回初めて「そういうことだったのか」と思った人は、この意味と重要性をわかっていなかった、ということになる。

つまり、読んで知ってはいても、理解し、納得してはいなかった、ということだ。


知識として知っている、ということと、知恵として、自分が実践で使い込むだけの腕としてすり込む、ということは、全く違う。

そんなこと知っている、というだけのものなど、何も知らないことと同じにすぎない。

大学入試では、「カルトクイズ」「詰め込み知識」「英語のしゃべれない人の高度な英文法知識」で通用するかもしれないが、社会ではそうはいかない。

使える知恵が求められることとなる。

知行合一(王陽明)

(知っているだけなど、何の意味を持たない)

知識をすり込むためには、そのことを考えまくらないといけない。そして、実践でもまれないといけない。そうでないと、知恵には昇華しない。


学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆うし(論語)


学ぶだけでは、何の知恵にもならない。一方で、考えているだけでは独善に陥る。ということだ。


それから、わかっている人は、コメントにも答えを書かないでほしい。(書いたら削除します(笑))

わからない人は、渇望感を持って真剣に考えて欲しい。

その渇望感と、真剣に考えまくることが、答えを自分のものとすることになる唯一の道だ、ということなのである。

安易に与えられた答えなど、クソの役にも立たない。
(大学入試ぐらいの役には立つ(笑))

考えて考えて考えて考え抜いて、そして、実践では、何も考えない、これが理想の境地となる。

これは、このような人・・・普段は、何も考えていない、本を読んで誰かのコピー人間として口を開けて知識を吸収するだけ。そして、目の前のトレードで悩みまくる人、とは真反対の立場となる。


(この記事が、おくあんさんブログに啓発されていることは、言うまでもない(笑))

(もう一つ考えてもらいたことは、おくあんさんとて、私とて、死ぬほどトレードについて考えている、ということ。これだけのことを自分の言葉で、つまりパクることなく(何を参考にすることなく)書いているのは、それだけ考えに考えぬいているからだ、ということを理解して欲しい。)

関連記事

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。