FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場千夜一夜誕生秘話

2009/11/22 Sun

今回はどうでもいい話かもしれない。
というか、単なる私の葛藤とつぶやき。
すっとばしてもらっても良いと思う。個人的な日記(笑)



「こうすればいい」「こうやるべきだ」「こうすれば成長する、脱出できる」という記事を書いても、空しいことが多い。

それが何なんだろう、しばらく思い悩んだときに、ふと気がついた。

問題は、どのように進むべきだ、という前に、「どの入り口から入るべきか」ということではないのか、と。

入り口のぼたんの掛け違い

その後は、全てずれていく、というより、ずれが酷くなっていくばかりとなる

強い思い込みによって、蛇の道に入っている自分を理解していない、その先にはゴールは決して無いという現実、それが見えていない。

それが自分のこととは思っていない、他人事だと思って記事を読んでいる、だから何を書いても響かない。

ということを強く垣間見る。

要するに、別の道を歩んでいる人には、別のゴールとそのための手段があるので、それを求めてさまようことになる。

しかし、入り口の間違いに気がつかないと、何をやっても、いくら頑張っても、ゴールには辿りつけない。

というか、その先にゴールは無いのだが、それが見えていない。逆に近道だと思っている。


「こうすればいい」ということよりも前に伝えることがあるんじゃないのか。

入り口はそっちではなく、こっちだぞ、と叫ぶこと。

しかし、蛇の道は、何故かきらびやかで投資家はみんなそちらへ入っていく。

王道は、ださい。ネオンも無い。苦労しそう。みんな敬遠する。

しかし、結局上にいくにはその「ださい」道をいくしかない。

天才的な相場感性がある人は別かもしれない。しかし、私のような凡人には「ださい」やりかたしかできない。やれない。


一定水準に達した人が、結局は「同じルートを辿っている」という奇妙な一致がある。

頂上で落ち合った人たちが異口同音にお互いびっくりする。

「あなたもそうだったんですか。実は私もなんですよ。」

「へぇー、あなたもあそこで苦労なさったんですね。私も何年も引っかかってたんです。」

「結局この道しかなかったんですねえ。お互い別の地図を買って登ったけど、登ってみると同じ道しかなかったんですねえ。」

(わかる人には受けるがわからない人には何のことかわからないだろう(笑))



そして、入り口近辺で苦労している人や蛇の道でもがいている人を見ると、ルートはこちらですよ、そちらは自分が登ってみて、無駄でしたよ、と教えたくなる。

しかし、ださい方法論だからそれを教えても、誰も寄ってはこない。やろうともしない。


最も重要だと思うことを書く。大変な問題が次のことだ。


教えて欲しいというから、教えているのに、「それが答えだと」そもそも思わない。それが重要だと感じる感性がない。

何故なら、蛇の道の答えだけを探しているから、王道の答えを受け付けない。



■「あらなみのとても困った物語(どうしたらいいのか編)」


そうやなくてさあ、あるやん、そのぉー、なんちゅうかなあ。

・・何ですか。

小さな声で・・・勝つ方法だよ。

・・はぁ?
今、言ったばかりじゃないですか。

いやいや、ああゆう精神論は置いておいて・・・

(勝手に精神論にすな!!置いておくな!!あほたれ!!)

こうやったら相場で勝てるようになる、ちゅうあれだよ、わかるやろ。

・・いや、だからさっき説明したじゃないですか。

そうやなくて、どう売買したらいいのか、それを具体的に教えてくれっていうことだよ。

・・だから、具体的に教えたじゃないですか。こうやってこうやって練習して、何度も繰り返すことによって見えてくるって・・・

だから、そうじゃなくって、(小声で)もっと具体的な「やりかた」が聞きたいことなの。
プロなんだから、知ってるんだろ、あれ・・・あれを・・・

・・はぁ、あれってなんですか。

だからぁ・・・あれだよ。わかったんだろ、あれが・・・だから儲かるようになったんだろ。ケチらずに教えてくれや。
あれを・・・

・・もう十分説明したんですけどねえ。

いや、だからこれまでの説明は、前置きっちゅうやつやろ、そろそろ具体的な「本論」に入ろうや。

・・本論もう終わったんですが。

(以下無限ループのため物語はここで振り出しに戻る(笑))



答えを、つまりは、どのようにやればいいのか、その具体論を言っているのに、本人は
「どのようにショートカットすればいいのか。どのようにすれば楽できるのか。」
「簡単に儲かる戦略を聞きたい」
もうそれしか頭にないので、何を言っても、何を説明しても、「前置き」とか「精神論」程度にしか受け取ってはもらえない。

答えが欲しいというから答えを言っているが、「それは答えじゃない」と言われる。

蛇の道の人にとっての答えは、別なのだ。それを求めているが、当然こちらはそんなもの用意できない。

自分が歩んでいる蛇の道の先にある答えを求めていることが手に取るようにわかるが、そんなものは「無い!!」

お互いにストレスが溜まる。



登りきった人たちの多くは次のように言う。

「いちど苦労してみないと、結局はわからないんだよ。」

「一通り全部やってみて、初めて人は納得するんだ。それまでは何を言っても無駄。そういう経験を積んで初めて見えるようになるんだ。」

「思い通りやってみて、納得しないと結局人は理解できない動物なんだよ。」

「そんなの最初からわかりゃぁ苦労はしないよ。わかるわけないんだ。そんなやついるはずない。」

「まあ、一通り苦労して、10年たってから何をやってもだめだった、となって、初めて素直になってからだったら教えてやってもいいけど、それまでは、話するのもいやだな。」



では、どうする。


そうだ・・・正しい道筋を書くのではなく、間違った入り口を示せばいいんじゃないのか。

まだ、そちらのほうがわかりやすいんじゃないのか。


そんなことはわかっている、知っている、そう思っている人は多い。

自分だけは特別だ、みんなそう思っている。

というより、自分が間違っている、と「わかって」間違ったことを頑張る人などいない(笑)


しかし、実際には既に一定水準の人ならありえないような質問が続く。

本人は当然「わかっている」と思っている。

だから、無駄な問答の繰り返しをさせられる。

私はわかっています。という人は多い。当然自分がわかっていない、と自分で自覚ある人は少ない。

私はわかっています、という言葉の端から「わかっていればするはずのない質問が出る」「王道を歩んでいれば言うはずのない話がでる」

やっぱりこいつもゾンビだったのか(笑)


まだ、自分はわかっていない、そう自覚がある人の方が救いがある、という気がする。


最も厄介なのは、「自分は王道を歩んでいる」という強い自覚を持って「蛇の道」を歩んでいる人。ほとんど救いようがない(笑)

こういう人を時々見かける。この人は根本的に間違っていると「はっきり」こちらからはわかる。
おそらく、一定水準の人なら皆気がつくだろう。

この先何年苦労するんだろうなぁ。

と他人事ながら先が見えているので、気の毒になる。

でも、助け舟を出すことはほとんどない。何故か。冷たい人間なのか。断じて違う。
かつて、助け舟を何度も出して、「うそを言っている」「酷いやつだ、自分だけ方法を隠して」と喧嘩になるか、罵倒されるか、とにかく酷い目に何度もあって、その結果、助け舟を出すのをやめた、のだ。

こういう人がご自分の考え方を変えることはまずない。断言する。

ここまで読んでもらったご訪問者の中にも、このような自覚なき「空しいベトナム戦争」を続けている人が必ずいるはずだ、とは思うが、私には、その方を納得してもらえるだけの材料を持たない。

誰しも「こうすれば」という方法論への思い込みがあると思う。

しかし、この「根っこの」自分が思い込んでいる「勝てる方法論」「道筋」がもしかしたら根本的に間違っているんじゃないのか、と一度たな卸ししてみて欲しい、と思う。

10年間苦労してから、やっと気がつくのもいいが、できるだけ早いに越したことはないのである。

(というより、10年も続けられれば相当根気があるほうだと思う。90%の人たちはその間に相場から足を洗ってかたぎさんになられている。夢を見ることはやめるのだろう、もう残ってはいないと思う(笑))


「わかる人にはわかる」「違いのわかる男のゴールドブレンド」

そして、何故その質問が出るのかも・・・つまり「蛇の道に入っている」ということを質問が明確に示している。


多くが期待する記事の内容もわかっている。

それは、蛇の道にいるからこそ「期待している」方法論。相場の見方、やり方。ショートカットの方法論であろう。

おくあんさんにもよく言われる。

「この記事は人気がないだろう。ほとんどわかってもらえないだろう。しかし、大切な記事だ。」

私もそう思って書いたりした(笑)

この記事は人気があるだろう、しかし無意味、という記事もある(笑)

私もおくあんさんの記事を読んでいて、「何故この記事が人気あるんだろう」「どうしてみんながわかったわかったというのか、わかならい」という一方で「すっ、凄いこと書いてある。これは凄い本質をつかんだ記事だ。」と私が絶賛するものは皆さん素通り(笑)

関東の笑いのツボが関西人にはわならない・・・というより大きなギャップがある感じだ(笑)

アメリカのコメディ映画が、恐ろしく笑えない、という感じ、といえばわかりやすいか(笑)

あまりにもツボが違うので、愕然とすることが多々・・・



要するに・・・基本的に「近道」を」探している。それを心のどこかで求めている。

そこがツボになる。初心者の。

その・・・その「近道」の答えを教えてくれ、教えてくれ、上達の方法を教えてくれ、となる。

しかし・・・私から、その答えを出すことはない!!

というか、出せない(笑)


「誤った入り口から入っていっているぞ!!」

「無駄な勉強を続けているぞ!!」

「そんなこと続けてても無駄な回り道だぞ!!」


と世界の中心から愛を叫ぶしかない(笑)



近道を探しているつもりが、実はこれが一番苦労することになるのである。



やっててよかった近道探し・・とはならないぞ。

10年無駄に過ごすことになるぞ!!

やった本人が言うのだから間違いない(笑)

経験者はかく語る(笑)

というより、一定の水準の人たちのほとんどは何らかの回り道を経てから、苦労して、水準に達している。

それも半端な時間ではない。

そして異口同音に言う。

「あれは無駄だった。無駄な日々だった。」と。


(文字制限字数オーバーのためコメント欄へ続く)

関連記事

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。