スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYはトランス脂肪の追放

2006/11/01 Wed

ニューヨーク市がついにトランス型脂肪の追放する法案を提案した
ようです。
http://allabout.co.jp/health/diabetes/closeup/CU20061012A/

不思議なことに、日本では全く無頓着なトランス型脂肪酸ですが、
その害は各国で大きく取り上げられ始めています。

既にヨーロッパでは規制が入っています。ドイツではマーガリン
の使用が制限されているということです。
http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20040518/index.htm

私がこのトランス型脂肪酸を知ったのはここを見ていたからです。
http://www.daytradenet.com/Cool/2005/1001.htm#近過ぎて見えない見たくない問題_
http://www.daytradenet.com/Cool/2006/0501.htm#見えないマーガリンの危険性_

この他にも検索すれば山のような害を指摘する記述があります。

自分を守るのは自分であって国ではないので、ここは考えないと
いけない問題だと思います。

国の規制が無い=安全、とは言えないのは、過去の歴史を見ても
明らかです。
国を信じたからといって、結果には誰も責任を負ってはくれない
ですから・・・
薬害訴訟にしてもそうですが、害がはっきりしてから、訴えても、
もう体はもとには戻りません。

とりあえず・・マーガリン、そんなリスクを取ってもリターンは
ほとんど期待できません。

スポンサーサイト

子羊さん・・去る

2006/11/02 Thu

迷える子羊式の本を何冊も出している子羊氏のブログが見れないなあ・・
と思っていると、こういうことになっていました。
http://marsar.k-server.org/

4ヶ月連続損失で閉鎖ということです。
しかし・・・本を何冊も出した責任はどこに・・・

今年に入って、カリスマと呼ばれている人の中では、トータールで
巨額赤字の人もちらほらの様子です。

この人たちのブログを読むと、上がったら買い、下がったら買い、
もっと下がったらナンピン、しばらく持っていて利食い、という
ようなトレードを書いている人もいました。

別の人は、不動産関連を持ってひたすら頑張る投資法、を本にして
いる・・しかし、これからどうするのか?

そして極めつけは・・・今はチャートは通用しないという書き込み
が??
どういう意味がさっぱりわかりませんでした。
上げ相場では通用する・・・下がったら反転するというパターンを
チャートと称している・・ということでしょうか。

確かに、上げ相場において、買い買い買いで、相場にしがみつく
投資法ほど儲かるものはありません。それを出来たということだ
けでも凄いことです。

逆に言うと、そういう凄いリスクを取った投資手法が上げ相場と
マッチして、少ない資金から億という資産を作れたということな
のでしょう。

その選別相場が今年だったのだと思います。

B・N・F氏は、当時の書き込みで、
「今は初心者になって無邪気に買っていくことが一番」
と書いていましたが、冷静に初心者になれる彼は凄いと思いまし
た。

一方で、コンスタントに利益を積み上げている方もいます。

代表はそのB・N・F氏でしょうか。
相場の状況の応じて、自在に手法を変化させることにおいては右
に出るものはいないという感じです。

しかし、これほどの大物投資家でなくても、地味に利益を積み上
げているベテラン投資家もいます。

カリスマ投資家のようなハイリスク投資は、ベテラン投資家はほ
とんどやりません。

過去の下げ相場を生き残ってきた経験から、それだけのリスクを
取れない体になっているからです。

ですから上げ相場においても成績は地味なものです。

しかし、下げ相場でも滅多なことでは損は出しません。

見習いたいのはどちらでしょうか?

IPOの崩壊

2006/11/22 Wed

これまでが異常だった・・・としか思えないのですが、
ようやくIPOも正常に戻りました。

どうやってIPOを当てて儲けるか本まで出る始末で・・

最近はよくIPOも当選するようになったと思いますが、
自分が当たるようなIPOは儲からないと思った方がいい
でしょう。

異常なIPOブームには、蚊帳の外の立場としてやっかみ
半分・・いささか辟易としていたのですが、マーケット
なのですから、リスクがあって当然といえば当然でしょ
う!

死して屍拾う者なし

2006/11/23 Thu

「死して屍(しかばね)拾う者なし」(必殺仕事人より)

相場で損をするといつも出てくるのがこのフレーズです。

自分だけの苦しみ・・・相場のせいでもなく、誰かが仕組んだせいで
もなく、ただただ自分が失敗したからなのです。

人に話せば、同情というより、相手に安堵感や喜びを与えるだけです。

相場で人が儲かるほど不愉快なことはないのです。

一方で他人の失敗ほど酒の肴になるものはないのです。

相場で損・・・バッカじゃねえの、そんな危ないものに手をだすから、
当然じゃん!

まじめに働け働け、楽して儲けようと思うな!

世間では、そういう答えしかありません。

例えようの無い悔しさと後悔、情けなさが同居する場面です・・・

本当に情けなくなりますが、この失敗という貴重な経験を生かすことが出来る人
だけが、99人のうちの一人として、相場の成功者として這い上がれるというこ
とも胸に刻んでおくべきでしょう。

失敗の経験なしに・・・相場で成功した人など一人もいないのですから・・・

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。