スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予測するのではなく対応すること

2006/08/08 Tue

「新入りのトレーダーがトレードの問題を考えるとき、成功するためには、まず初めにマーケットの行方を予測することを学ばなくてはならない。少し研究してみれば、長期の予測をするためにはファンダメンタルズ分析を使い、短期の予測をするためにはテクニカル分析を使うべきだということが分かるだろう。」

何も真実から遠ざかっては存在し得ないように、これは危険な誤解である!

実際、私たちは、マーケットがどうなるのか知ることはできないし、また私たちは、マーケットを知ろうと望むべきではない。

問題について考察する正しい方法とは、

マーケットがどうなろうと、それにどのように対応したらよいかを考えることである。

覚えておいて欲しい。

私たちはマーケットをコントロールしないし、できない。

マーケットは私たちの誰よりも大きく、マーケットは結局、マーケットが望むところに行くことになる。
 
正しい考えとは、こうである。

「もしマーケットが翌日の朝こうなるなら、私はああしよう」(言い換えれば、もしマーケットが上がるなら買おう。あるいは、もしマーケットが下落するなら売ろう。あるいは、もしマーケットが保ち合うなら何もしないでおこう。)

タートルズの秘密より


素晴らしく重要な考え方を語っています。予測するのではなく対応すること・・・これを理解することによって、どれだけ相場への取り組みが変化するか、無駄な努力を回避することができるか!!

スポンサーサイト

相場ツール

2006/08/09 Wed

こういうサイトを紹介してもらいました。
http://blog.livedoor.jp/show_aiba/

ツールへのこだわりは私もありますが、この方もこっている。
マウスやマウスパッドなど、結構無頓着でしたが、考えてみる必要がありそうです。

光学マウスやワイヤレスマウスには不信感が少しあったのですが、それは安物だったらからということがわかりました・・・

トレンドフォロー

2006/08/11 Fri

トレンドフォローでは非常に優秀というファンドで知っていたクアドリガという
ファンドが公募されていると今日の日経で知りました。

数年前にファンドを調べていて、驚異的なパフォーマンスを挙げているファンド
として、知り、なんとか投資したいものだと考えたりしていたのですが・・・

http://capital.jp/invest/superfund.html#

年率60%以上という年もあったのを記憶していたのですが、ところが2003
年以降はさえない展開が続いている様子です。

特に7月はかなりやられた様子で、キャピタルパートナーの公募で投資した投資
家はかなりの打撃を食らっている感じです。とっても運が悪い!!

トレンドフォローというのは、タートルズを代表としたプログラムですが、アッ
プダウンが激しいのがこのシステムの特徴です。

特に近年では、綺麗なトレンドが出にくくなる傾向があるので、これだけ優秀な
ファンドでも苦戦しているということなんでしょうね。

2003年以降苦戦がつづいていることが、パフォーマンスカーブで見て取れま
す。

過去の実績がマーケットの変化で通用しなくなってきているのか、それとも一過
性の問題なのか、判断が難しいところです。

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。