スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日航の増資

2006/07/04 Tue

日航が、何と発行済み株式数の35%に相当する7億株で2000億円の公募増資をするらしい。それも株主総会では何も触れずに翌日発表という何ともせこい話だ!
第三者割り当て増資も検討したようだが機関投資家からは断られたので、公募にしたという。

これだけ市場を舐めた増資も珍しい!

証券会社の強引な販売力によって、知識の少ない個人投資家をカモにしようという作戦らしいが・・・赤字が続き再建の目処も見えないような会社の株を個人にはめ込むなどという古典的販売がいまどきこうやって堂々と許されていいものかと思う。

投資家の皆さん目を覚ましましょう。こんな増資には応じてはだめです!!

スポンサーサイト

ツキを呼ぶ魔法の言葉

2006/07/05 Wed

デイトレードでは、心理状態や体調が即利益に影響するものですから、
心理コントロールや体調管理には常に気をつけないといけません。

そういうことから、最近売れている本で、ツキを呼ぶ魔法の言葉、
という本があります。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4837661041/503-3898477-0452700?v=glance&n=465392
アマゾンは売り切れのようですね。何とプレミアがついています!
近所の本屋さんにありましたけど・・・

ここに内容が紹介されています。
http://katamich.exblog.jp/280426/
内容的には、これが全てです。後は体験談とか・・・

ポジティブシンキングの仲間ですが、とっても実用的で発想も明快です。
いわゆる「言霊」の効果を最大限活かせる簡単なノウハウなのですが、
実践するのが楽という点で、マーフィーや他の方法論より優れている
と思うのですが・・・

ソフトバンクの急落に思う

2006/07/08 Sat


6日のソフトバンクは、特に動きがない状態でスタート。
午前を終わって、午後の立会いが始まっても前場の流れを引きついで、今日はBOXの動きか・・・と思われていたのだが・・・

午後1時、日経平均に特に動きがない時点で、突如大口の売り物がソフトバンクに入りだす。

あっというまにレンジを突破し、何があったんだ!という多くのデイトレーダーの狼狽をよそにどんどんと売り物が入ってくる。

日経は変わりなし。

おかしい、何があったのか・・・結局、ソフトバンクは安値で引けた。


翌日・・・7時41分、メリルリンチがソフトバンクを売り判断という衝撃のニュースがラジオ日経のネットで流される。何と、投資判断を新規に売りとしたうえで、妥当価格を1800円とした、というのだ!

おそらく多くの個人投資家は、理由もわからないSBの下げに不安を持ちながら仕事に出発したであろう時間。
または、昨日の下げを見て、押し目買い注文を出していたかもしれない。
ニュースを知らなければ、前日のNYの上昇を見て、絶好の押し目と考えてもおかしくない。事実、日経はGUからのスタートだった。

機敏なデイトレーダーは寄り付きから売りの仕掛けだったのか。やっとこの時点で、情報をチェックしているデイトレーダーのみが対応可能となった。

個人投資家の押し目買い注文があったのだろうか、前日の安値の少し下で寄り付いたSBだったが・・・寄り付いてから急落を始める。

そして後場・・・ニュースをやっと知ったリーマントレーダーたちの狼狽売りで、さらに下落。日経が前日のレンジで収まる中で、275円安という異例の下げを演出した。

この時点で、前日に売っていた筋は、悠々の利食いも可能だった・・・

この日の動きは・・・まさに虐殺状態だった・・・

おそらく、仕事熱心なリーマントレーダーなら、仕事帰りの新聞か、土曜日の朝刊で初めて衝撃の事実を知ったのだろう。ご愁傷さまです。

多くの個人投資家にとっては、びっくりするような七夕のプレゼントとなったようだ・・・


私は正義感を振り回すつもりは毛頭ないのだけれど・・・つい最近もダイエーで行われていたこのレーティング情報をめぐり、毎回毎回行われる釈然としないものが残るこの動き。

多分レーティング情報というのは、インサイダーにはあたらないのだろう。
ただのアナリストの個人的判断なのだから。
それに売り判断というのも、あっても当然とは思う。

しかし・・・誰がどう考えても6日の午後1時という相場の動きがないこの時間帯での大量売りの原因は、はっきりしている。

レーティング時間差攻撃!!

メリルという大組織と外人・・・このような情報を使った時間差攻撃をされては、個人投資家はまさにいけすの魚状態だろう。掲示板に「メリルさんの羊」という表現があった。不謹慎だが笑ってしまった。

昨日の引けでは・・・「羊たちの沈黙」だったのだろうか・・・

メリルのレーティングによって、1日にしてSBのファンダメンタルに変化があったのか・・・あるはずがない。会社も何かを発表したということではないのだ。

ここでの教訓は釈然とはしないが・・・残念なことだが、株式市場では、レーティング時間差攻撃に限らず、こういうことが日常的に行われているということ。羊たちは、毛を刈られるために飼われているということ。だろうか・・・何か無力感を感じる教訓だが・・・

福井さんの村上ファンド投資で大騒ぎしている世間だけれど、そんなことはほとんど問題にも感じられないといえば大げさだろうか。

信じられることは・・・理由はわからないが、下げた、という隠しようもない事実。株価の動きというのは・・・隠せない。だから、これだけしか信じるに足りる情報はない。

つまりテクニカル!!

NYの写真相場が続く・・・

2006/07/21 Fri

ブログというのもちょっと目を離すともう2週間近くサボってしまいました。

最近は、NYの写真相場状態がひどくなってきていますが、もう、NYを見て、寄り付きにNYにあわせてギャップアップ、ギャップダウンをして、後は蛇のようににょろにょろが続く、ということで、デイトレードが結構難しい状況です。
外人の売買動向が相場をリードしているので、仕方がないとは思いますが、政治だけでなく、相場までアメリカ完全追従になってしまっていますね。

今、朝の7時ですが、今日はNYが安いようですね。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1138/

CMEの日経225も安いので、ここあたりで寄りそう・・・そしてそのまま終わり・・ですか・・
http://www.cme.com/dta/del/delayed_quote.html?ProductSymbol=NK&ProductFoiType=FUT&ProductVenue=R&ProductType=idx

後は寄り付きの外資系売買動向ですが、これも今日は売り越しでしょうか。
http://www.traders.co.jp/stocks_data/data/foreign_funding/foreign_funding.asp

日経先物が14950円で、CMEが14770円ですから、寄り付き180円安のスタートで、引けもそんなもの・・・国内勢はもう相場をリードできないのか、情けない・・・CMEの相場で終わりという感じですね。

ということで、NYダウ、ナスダックの動向を分析したほうが意味あるかも・・・特にスイングする場合ですが・・

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。