スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見事な切り返し

2005/11/07 Mon


外人動向は、なんとかゼロ以上を保って切り返しました。
買い意欲は強い!
高所恐怖症に怯えながらもしっかりとしがみつくしかなさそうです!
といいながら、これはスイングの話で、日々方針転換できるデイトレ
にはそう大きな問題でもないわけですが・・・・

スポンサーサイト

外人動向

2005/11/14 Mon


うーん、再び低空飛行へ逆戻りです。
相場は順調ですが、これはいけませんね。
今回の戻りは、外人が主導したのではなく、国内勢だということが
見て取れそうです。
チャート的には非常に強いチャートですが、無邪気にも喜んでいら
れない感じです。
引き続き注意しながら走らないといけませんね。

オーダー指数ついにマイナスへ!!

2005/11/15 Tue

今日計算したところ、ついに0.98となりました。
これは、6月10日以来の出来事です。
相場は、未だ平静を保っておりますが、外人の梯子が外された日本株
は、過去惨めな暴落を繰り返しています。
まだ、当落線上のものですから数日間様子を見る必要がありますが、
相当な注意を持って見たほうがいいのは、過去の実績から明らかです!!

株の天才!

2005/11/15 Tue

先日会った友人の話です。
「昨年、前半で半年かけて相当利益を出しました。それこそ毎日利
益が出て、自分は株の天才だと思ってしまっていました。
でも、下げが来て、まだ、利益があるから、と思っているうちに、
たった2週間で追証ですよ。
結局、半年の利益だけでなく、元金まで失ってしまったんです。
下げって本当に恐いということを身をもって知りました。
でも、人って面白いですね。ちょっと株で儲かると自分では株の天
才だと本気で思ってしまうものなんです。お金はこんなに簡単に儲
かるんだ!なんて思っていたんですよ。しかし、それは、単に上げ
相場に乗っかっているだけだということが後でわかるんですね。」

他山の石にしなくてはいけない話です。

外人動向

2005/11/17 Thu


オーダー指数は、0.94に低下しました。これを指標とする限りにおいては、
売り方針に転換する形になりますね。
テクニカル的には、絶好の押し目となるだけに、ケーキを目の前にだされ
て、食べないような複雑な気分ですね!
トレンド的にはまったく問題の無いところです。

ところで、昨日は2200万株の寄り付き売りとなり、市場もそれに反応
してしまったわけですが、それが日中では見事にフェイク(だまし)とな
りました。
こういう指標やテクニカルというのは、その重要ポイントが多くの市場関
係者に注目されるようになればなるほど「当たらなく」なってしまいます。
過去の歴史はそれを雄弁に物語っているわけですが、今回私が少し嫌気し
ているのは、売り越し買い越しを皆が注目している、という事実です。

とはいえ、こういうことは考えてもしかたがないので、素直に従うのみで
す。
オーダー指数は、日々の買い越し売り越しという目先ではなくて、2週間
弱の平均ですから、傾向的なものが出てきます。趨勢的には、外人が、外
しにかかっていると見ざるを得ないですね。

ところで、ここをひっくり返して上昇トレンドに再び転換したら、そう、
買うのみです。

そして、あとは、リスク管理だけです。
大損さえしなければ、儲け損ないやちょっとした損切りなど大した問題で
はありませんよね!
利益は、相場次第ですが、損は自分でコントロールできます。するかしな
いかは結局は自分次第です。
ただし、切らなければよかった・・・ということが何度も続きます。

そうは言っても、数万円の損を惜しんで、数百万円の損にしてしまう愚行
だけは・・・やめましょうね!

相場のシナリオ

2005/11/18 Fri

ここ数日こればかりですが、転換時ですので・・・
昨日は、オーダー指数がさらにマイナスで、日経は急伸となりました。
オーダー指数は中期の指標ですので、過去を見ても少し先行するとこ
ろはあります。ただ、シナリオとしては、次のようなことが考えられ
るでしょう。

事実関係と環境認識はこの3つです。
①過去オーダー指数がマイナスに転換したところで、大きな下げが
 数週間以内に起きていることが多い
②11月15日にオーダー指数はマイナスに転換した
③相場は急伸し新値を取ってきている

さて、外人の動向というのは需給の一面を見ているのに過ぎないわ
けですが、そういう前提からシナリオとして次の3つを考えてみま
した。
①意外に強い相場動向で、売り方の踏み上げが入ったと考えると
 急伸するもこの相場は短命に終わりそう
②機関投資家の買いが継続的に入りだしたと考えると、強い買い
 主体ではあるけれど、いつも天井をつかむ天才でもあるので、
 注意!
③寄り付き前の外人動向に注目しているが、実はそれ以外に外人
 が買っており、実質は買い越しであったので、相場は強い

季節柄からしても③のシナリオは考え辛いのですが、新しい外人
として、オイルダラーも参入というのは事実のようですし、従来
の観点からだけでは考えれらないのかもしれません。

今朝の日経の記事で、外人の買い越し9兆円というのは、過去の
事実の後付けですが、こういうのを見て、「外人が凄い買いを
入れているのなら買いだ!」という個人も多いのでしょう。
終わったことをさも現在進行形に書くのが新聞記事の特徴ですの
で、概ね逆に行くことが多いという典型だと私は読みました。
ただし、最後は値動きが全てに優先しますので、強い相場が出る
ようですと、高所恐怖症など言っている場合ではなさそうですね。

余計な小理屈はさておき素直に相場について行く・・・うーん、
そのとおりなんですけど・・・

オーダー指数は・・・

2005/11/19 Sat


週末金曜日は一転して凄い買い越しになりました。
それを受けて日経も急発進・・・
結果的にだましの可能性もちらほらと・・・

外資系オーダーには、皆が注目していますので、
目先デイトレとしては、日々のオーダーに向かうと
いう戦略もいいのかもしれないと考えています。
あくまで、日々のですよ!

さて、オーダー指数は、依然マイナス圏内ですが、強力な
週末の買いで、反転してきています。
当然、単なる指数ですから、こういうことは起こって
当然なんですが、こうなると付いていけませんね!
みなさんどうでしょう。
オーダー指数が無くても高値高値を出す相場ですから、
しがみつくのが難しいことに変わりはないのですが。

ということで、もしこのページを見られて、弱気の先入観
を持たれてしまったのでしたらすみません。
こういう先入観は、結構尾を引くものですから・・・

ただ、今回は、結果論として、だましに終わる可能性も
高くなりましたが、長い目で見て、外人が日本のマーケッ
トをリードすることが続く限りにおいて、この指数の有効
性も変わらないと私は思っています。
主観の余地の無い、とっても客観的なものですので。

株価や出来高から計算したものではない、ということな
んですね。そして、事前にサインが出るのです。(だましも
ありますが!)
これって結構凄いことだと思います。

高所恐怖症の克服には!

2005/11/19 Sat


これは、マンスリーの日経平均株価です。
1982年から表示していますので、バブル時の相場の上昇などもわかります。

ということで、上にも下にもまだまだ大きく動くということが、月足レベルで
は言えるということです。
こうして見ると今の値動きは、逆ヘッドアンドショルダー、カップアンドソー
サー(オニール)を抜けて、まだ、始まったばかり!ということも言えます。
逆にそろそろレジスタンスでもあるということも見えます。
しかし、出来高の盛り上がりは凄いですね!

相場観は、月足で持つことがいい、と良く言われたものです。
上のレンジで、相場観を持って、実際の売買は下のタイムフレームで行うわけ
です。
そういう意味では、日足は、トレンドを観察するもので、相場観を持つもので
はないということです。
また、週足は、少しそういう意味では、中途半端かもしれません。

ということで、高所恐怖症の皆様には、月足で克服を!!

松井証券の新ツール

2005/11/24 Thu

少し期待できそうです。
http://www.matsui.co.jp/about_matsui/disclose/press/service/20051117.html
インタビューなど。
http://blog.netshoken.com/archives/50175371.html

しかし、1ヶ月100万円の手数料を払っているとは・・そういう人もいないと
これだけ良い決算はできないですよね。

オーダー指数

2005/11/28 Mon


結局、戻りが入ったことによって、プラス圏となりました。
これをもってマイナス圏になったのは、だましということ
になりますが、相場と逆逆に行くようで再びの戻りがだま
しになりそうで嫌気ですね。

一説によると、米国の先物大手であるレフコの破綻によって、
一部のヘッジファンドが海外から資金を引き上げた動きがあっ
たことが原因しているとも言われていますが、そうなると一時
的ブレということで、基本的な資金の流れには影響なし、とい
うことにもなってきます。

FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。