スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場名言

2006/01/29 Sun

昨日NHKスペシャルを見ていると、為替のヘッジファンドの
動きを追うという特集をやっていました。
見逃した人は再放送をどうぞ。
1月31日(火)午前0:15~1:07(30日(月)深夜の放送です。)

今のようなめまぐるしく動く相場にはぴったりの名言ではない
でしょうか?


私はかつて軍人だったがヘッジファンドは戦争に似ている
戦争をするなら状況に応じてどのような戦略をとるか・・・
どのような武器を使うのか考えなくてはならない
そしてこの戦争には終わりがない
資金がある限り永遠に続く
撤退も降参も許されないのだ

ヘッジファンドマネージャー 張海涛

スポンサーサイト

ジェイコムで儲けた人

2006/01/30 Mon

ジェイコムで20億円儲けた人がTVのインタビューでこのように
話をしていました。

「ライブドア株は持っていなかったが、新興市場の株もあおりを食らったので、
4億円損をしたけど、それは自分が下手だっただけなんですけど・・・
1日の損失としては過去最大だったので、その日はきつかったけど・・・
ただ、先週のうちには取り戻しました。
今週は、4億5000万円儲かりました。」

ということです。この方スイングトレードらしいのですが・・・・

予測するのではなく対応すること

2006/08/08 Tue

「新入りのトレーダーがトレードの問題を考えるとき、成功するためには、まず初めにマーケットの行方を予測することを学ばなくてはならない。少し研究してみれば、長期の予測をするためにはファンダメンタルズ分析を使い、短期の予測をするためにはテクニカル分析を使うべきだということが分かるだろう。」

何も真実から遠ざかっては存在し得ないように、これは危険な誤解である!

実際、私たちは、マーケットがどうなるのか知ることはできないし、また私たちは、マーケットを知ろうと望むべきではない。

問題について考察する正しい方法とは、

マーケットがどうなろうと、それにどのように対応したらよいかを考えることである。

覚えておいて欲しい。

私たちはマーケットをコントロールしないし、できない。

マーケットは私たちの誰よりも大きく、マーケットは結局、マーケットが望むところに行くことになる。
 
正しい考えとは、こうである。

「もしマーケットが翌日の朝こうなるなら、私はああしよう」(言い換えれば、もしマーケットが上がるなら買おう。あるいは、もしマーケットが下落するなら売ろう。あるいは、もしマーケットが保ち合うなら何もしないでおこう。)

タートルズの秘密より


素晴らしく重要な考え方を語っています。予測するのではなく対応すること・・・これを理解することによって、どれだけ相場への取り組みが変化するか、無駄な努力を回避することができるか!!

相場の正解

2009/11/03 Tue

「相場に正解はない、可能性があるだけである」



相場に正解を求めるから躊躇する、損切りがしんどい。

相場に正解を求めるから、手法にこだわる。

答えを探そうとして、「練習を積む」のではなく、「答え探しをする」ことに注力する。



トレードとは、そもそも単なる可能性だと考えれば、今回はどうなるのか、それは誰にもわからない。

単なる可能性なのだから。

わからないものを理解しようとするからしんどい。答えが見えなくなる。

そんなものそもそもどこにもない。

プロならその答えを知っている、そう思って聞いてこられるが、答えはこうだ。

「相場に答えなどない。」

相場に答えがないことを知っている。だから探そうとしない。

探そうとせずに、正解がないことを前提に、可能性だけにかける。

可能性を活かすために技術、技を覚えようとして、練習する。

精神的に負けないように、熟練し、技として芸として体に覚えさせようと努力する。

頭で理解しても勝てないことを知っているからだ。



そもそもこの1回のトレードというのは、これからやる1000回のトレードの単なる1回目に過ぎないのだ。

単なる1回目に何故そんなにこだわるのか。

ただの単なる1回目。

失敗したら切るだけ。ただ、それだけのことだ。

後に控える999回の方がよほど重要である。

というより、失敗したら、1回目にこだわっている暇などあるのか。

さっさと終わらせればよい。それだけのことだ。

後の999回のトレードをこの先どうするのかが重要。

何故たった一回目にこだわるのか。それが正解かどうか悩むのか。



この一発が入るかどうか、パチンコで悩んでどうする。

入るときもあるし、入らないときもある、ただそれだけである。

多くの玉を打つ中でトータルとして勝てるかどうか、それだけが問題なのである。

トム・バッソ、一回一回のトレードの意味

2010/07/07 Wed

私のとても好きな名言です。
トレードの本質をえぐっています。
 
 
 
全体的には利益を上げている。ストップ・ロスも使っていて、損失は押さえている。それでも、トレードが不安で仕方ない。損することに耐えられない、というトレーダーに、何かアドバイスはありますか?
 
 
それぞれのトレードは、これからする1000のトレードの最初の一つだ、と考えるようにそのトレーダーに言いますね。
 
その後に1000のトレードが控えていると考えたら、一つ一つのトレードが、途端に取るに足らないものに思えてくるのです。
 
ある一つのトレードが成功したか、それとも失敗したか、そんなことは気にする必要がないのです。
 
ただのトレードなのですから。

 
 
 
 
最初のトレードのときの話を聞いていると、緊張と不安でいっぱいだったようですが、その心理状態から、今のようにとても落ち着いた状態に、どう変わっていったのでしょう?
 
 
損をするごとに、そこから何かを学ばなければならない、と思っていました。
 
そして、損は「相場学校」の授業料だと思うことにしていました。
 
損をすることで何かを学び続けているかぎり、それは本当の損ではないのです。

新マーケットの魔術師より、トム・バッソ
 
 
トム・バッソに限らず、「マーケットの魔術師」「新マーケットの魔術師」の2冊は、トレーダーにとっての「心」そのものです。
この2冊は、そのトレーダーの心を学ぶ必読書である、といってもいいでしょう。
(その後のこのシリーズはあまり興味がわきませんでした。)
 
この2冊は、私にとってはバイブルのようなもので、もう何度読んだかわかりません。
ラインマーカー引きまくりで、背表紙もボロボロ。ブックオフへ持って行っても引き取ってもらえない状態です(笑)
 
 

おっさんのたわ言

2010/08/11 Wed

露と置き 露と消へにし 我が身かな 浪華のことも 夢のまた夢
(豊臣秀吉)
 
 
人はいずれ死ぬ
 
これは絶対の真実だ
 
自分だけは例外・・・はない
 
しかも後50回程度のお正月を迎えられればいいほうだ
 
もう折り返しを迎えた人も多い
 
 
一方で、人は誰かに頼んで生まれてきたわけでもない
 
生まれてきたのが運命ならば、どこかで死ぬのも運命
 
恐竜が絶滅してから6500万年だという
 
それと比べて、紀元後2010年という文明の歴史
 
人の一生
 
とにかく短い
 
 
短いが、人が生まれるということは、それぞれが奇跡的な偶然の産物でもある
 
その偶然を大切にしたい
 
その短い人生の中で、楽しく、そしてキラリと光る目標に向かって走りたい
 
将来のために、何かのために、今を犠牲にする人生はもったいない
 
好きなことをして、楽しく働き、そして大好きな人達と人生を共にして、そして楽しめる目標に向かって進む
 
生まれてきたことに感謝し、人生に感謝する、出会った人に感謝する
 
こうして、人生というゲームを満喫する
 
そういう人生でありたいと思う
 
(これが何故相場名言に入っているのかは不明である)
FC2カウンター
プロフィール

あらなみ

Author:あらなみ
職業:個別株投機家・専業デイトレーダー

Twitter:
@aranami718

旧ブログ:

あらなみの相場技術研究所

あらなみのトレード水先案内人

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。